A B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W X Y Z

M&A訴訟

シンプソン・サッチャーはM&Aに関連するすべての訴訟において市場をリードするクオリティのアドバイスを提供しています。最大級且つ最も複雑なM&Aにおいて提起される訴訟に対して、我々は卓越した対応力を有しています。

依頼者は、M&A取引の早い段階から、訴訟の原因となり得る問題について我々と綿密に検討します。我々は、クロージング前の取引を妨げる動きの阻止、クロージング前の各種請求の合理的な和解による解決、そしてクロージング後の損害賠償請求についての訴訟対応など広範な経験を有しており、依頼者はそれを高く評価しています。

リーダー的法律事務所
The Legal 500誌においてM&A訴訟分野のリーダー格としての常連的存在

近年及び現在進行中の訴訟代理案件:

  • スプリントによるクリアワイアの39億ドル買収に起因した集団訴訟における、クリアワイアの外部取締役による特別委員会及び取締役会下の監査委員会メンバーの訴訟代理
  • シルバーレイクによるデルの248億ドル買収に対して提起された一連の株主代表訴訟におけるシルバーレイクの訴訟代理
  • KKRによるKFNの26億ドル買収に対して提起された株主代表訴訟におけるKKRの訴訟代理
  • オフィスデポとオフィスマックスとの12億ドル合併に対して提起された株主代表訴訟におけるオフィスデポの訴訟代理

過去二十年にわたり、以下を含む最も注目度の高いM&A訴訟において、依頼者の問題解決のためにシンプソン・サッチャーが訴訟代理を担当しています:

  • 松下電器産業によるMCAユニバーサルの買収から発した州及び連邦M&A訴訟における代理。中でも、松下電器 対 エプステイン訴訟の最高裁における議論で、「州裁判所は、連邦証券法に基づいた請求も含め、一取引から生じた全ての請求の免除を承認することができる」という重要な判例を確立した。
  • KKRによるRJRナビスコの歴史的LBOから発した訴訟の代理
  • 有名なQVCとパラマウント・コミュニケーションズとの間の公開買付に関する訴訟につきデラウェア州第一審裁判所及び州最高裁判所におけるパラマウントの代理
  • パラマウント・コミュニケーションズ関連のもう一つの有名なデラウェア州最高裁判所訴訟であるパラマウント・コミュニケーションズ対タイム訴訟におけるパラマウントの代理
  • ブラックストーンがスポンサーの、ヒルトン、エクイティ・オフィス、プロパティーズ・トラスト、シーワールド、FGIC、ラ・キンタ、ピナクル・フーズ及びポリマー・グループ等の買収案件

我々は、上記のRJRナビスコを含む、史上最大規模のレバレッジド・バイアウト(LBO)案件全5件に係る訴訟において代理人を務めました。

“まず何より彼らはとても賢く、且つ、非常に良く働いてくれる。ただ、最も重要なのは、彼らが優れた専門的なアドバイスと優れた現実的なアドバイスのバランスを取ることができることだ。”
– 2016年 Chambers USA (依頼者のコメントを引用)

関連業務